たろうのブログ

日々の出来事に、自分の思いを勝手気ままに書こうと思う!政治・スポーツが中心になると思います。自身の勝手な意見ですので、反論は自由ですが、自身の判断でコメントが消去されることはご理解ください。

日大アメリカン問題

最初にあの映像を見た時に、


日大は、甲子園で勝つことを目指しているんだな!


でも、インゲームでせなあかんやろ!


でした。



ゲーム中におきた出来事であれば、何の問題もなかったのだが・・・



フェニックスの篠竹監督は、強い指導者であった。
篠竹監督は、選手との人間関係を構築して、強いチームを作り上げたとの印象だが、今回の内田は、権力主義の主権者にありがちな、地位があれば、人はついてくるとの考えがあると考えれば、この一連の日大の対応に理解ができる。


ただ、内田おろしの文書が、日大から出たことに関しては、学内の派閥争いではないかと推測する。



今回の件において、加害選手に問題はあったと思うが、寛容な心で選手復帰できる環境になることを願います。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。