たろうのブログ

日々の出来事に、自分の思いを勝手気ままに書こうと思う!政治・スポーツが中心になると思います。自身の勝手な意見ですので、反論は自由ですが、自身の判断でコメントが消去されることはご理解ください。

相撲

相撲に対して、考えさせられたのは、朝青龍の事件があった時かな!


今回は、協会と協会の中の人々を信用出来ない。


横綱2人は、本当になにも、分からなかったのか?


信用にたる説明がない!


理事長が、保身に走ってる感もあるもんね。!

日本に渡った人々が、第二次大戦後、なぜ日本に残ったのか?

このタイトルを深堀すれば、答えはでるはず。


たが、朝鮮半島の人々は受け入れない。
日本に移った人々を自国民とは考えない差別主義者の集りだから!


で、移住者と言っても、問題視されるでしょ?


在日コリアンも問題になるのかな?



20数年前、小学校時代教えられたのは、
強制連行・慰安婦が、国策として行われていた!と
言うもの。


強制連行でなく、仕事を求めて日本に移ったと言うのが大半の事実!
史実をねじ曲げたのは、朝日新聞社・毎日新聞社や左派思想家ではないのか?


国益をないがしろにするメディアが、政権批判をしたところで、マイナスにしかならないと思う。



この文章は、自身の考えを書いただけであり、強制、強要するものでないし、反論はこのブログ内でおこなっていただたい!


ウソとマコトを知りたいなー

お隣さんとは・・・

お隣の国と仲良くする必要はあるのかな?


半島にある2国とは、国交断絶でいいんじゃないの?


が、僕のこころねにある!



国内の人間だけをみる政治が、成功しない!
「反対が半数近くあるとの世論調査が、出てくる時は、結果、正解!」になることが多いと思う。


反対は、言い分がなんぼでもある!
賛成は、賛成に理屈がない!


で、
世の中の反対派は、騒ぐことで、若い人を取り込もうとする。


若い=幼い
であるから、騙される!


と、書くと語弊があるのかな?


どの考えが正しいかは、わからない


未来の事は、僕には分かりませんが、


今の子供たちが夢を見れる社会が必要!


嘘で出来上がる世界史には、反対です。
これを読んで深く考えるわかものがいればいーな!